TIME TABLE

タイムテーブル

当日の講演一覧です。
タイムテーブルは予告なく変更になる
可能性がございます。

StageA
StageB
Day1

10:00-11:00

仮想化実世界

マツコロイドなどのアンドロイド開発で知られる石黒教授。アカデミアに身を置きながらも会社設立など産業界との連携にも精力的に取り組む。その視線の先には一体どんな世界があり、どの実現に向けた歩みを進めているのかを探る。


ishiguro

石黒 浩

Hiroshi ishiguro

大阪大学基礎工学研究科教授(大阪大学栄誉教授)/ 株式会社AVITA 代表取締役CEO

ロボット学者/大阪大学教授。工学博士。京都大学情報学研究科助教授,大阪大学工学研究科教授を経て,2009年より大阪大学基礎工学研究科教授(大阪大学栄誉教授)。
ATR石黒浩特別研究所客員所長(ATRフェロー)。株式会社AVITA 代表取締役CEO。社会で活動するロボットの実現を目指し、知的システムの基礎研究と応用研究に取り組んできた。
これまでに人と関わるヒューマノイドやアンドロイド、自身のコピーロボットであるジェミノイドなど多数のロボットを開発してきた。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

「志」が未来をつくる。ものづくりの担い手と支える人のVision

「孤独の解消」を目指したロボット開発に勤しむ吉藤氏と、その会社黎明期を支えた浜野氏による対談。ものづくりの共創の場「Garage Sumida」に触れながら若者支援のあり方を探る。


ory

吉藤 オリィ

Ory Yoshifuji

株式会社オリィ研究所
代表取締役CEO

小学5年~中学3年まで不登校を経験。高校時代に電動車椅子の新機構の発明を行い、国内最大の科学コンテストJSECにて文部科学大臣賞、世界最大の科学コンテストIntel ISEFにてGrand Award 3rd を受賞、その際に寄せられた相談と自身の療養経験から「孤独の解消」を研究テーマとする。
早稲田大学にて2009年から孤独解消を目的とした分身ロボットの研究開発を独自のアプローチで取り組み、2012年株式会社オリィ研究所を設立。
分身ロボット「OriHime」、ALS等の患者さん向けの意思伝達装置「OriHime eye+ switch」、全国の車椅子ユーザに利用されている車椅子アプリ「WheeLog!」、寝たきりでも働けるカフェ「分身ロボットカフェ」等を開発。
AERA「日本を突破する100人」、フォーブス誌が選ぶアジアを代表する青年30人「30 Under 30 2016 ASIA」などに選ばれる。
2018年より、デジタルハリウッド大学大学院特任教授就任。


hamano

浜野 慶一

Keiichi Hamano

株式会社浜野製作所 代表取締役CEO

大学卒業後、精密板金加工メーカーに就職。1993年株式会社浜野製作所代表取締役に就任、現在に至る。ロボットや機械装置の設計開発と金属加工の技術を基盤に、スタートアップや大企業の新規事業部など「新しい価値の創造」をミッションとする人々と、ものづくりを軸に共創する場「Garage Sumida」を立ち上げた。その活動は「新たな先端都市型のものづくり」として評価され、第7回ものづくり日本大賞では経済産業大臣賞を受賞、2019年にニューヨークの国連本部で開催された「Micro-,Small and Medium-sized Enterprises Day」で発表する等、国内外から関心を集めている。


calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day1

11:00-11:30

アカデミア発の技術の事業化Vision

アカデミアから生み出された特許・技術は数多くあれど、社会実装を待ち望みつつ埋もれる技術があることもまた事実。どのように優れた技術を生み出し、市場に届けるのか。アカデミアと産業の架け橋となる各社の声を届ける。

出展企業
  • ・株式会社プラントライフシステムズ
  • ・エイターリンク株式会社
  • ・株式会社A-Co-Labo
  • ・株式会社セツロテック

calendar このセッションをカレンダーに追加する

ものづくりのブランディングVision

「ただ、いいモノを作って売る」。それで十分な時代は終わった。製品・会社の魅力をどう発信し、どう訴求していくのか。これからの魅せ方を追求する各社のビジョンを届ける。

出展企業
  • ・ツクリテラ合同会社
  • ・Knowhowsynch合同会社
  • ・プライム株式会社
  • ・株式会社POOL

calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day1

11:30-12:00

IoTで広がる未来の暮らしのVision

リアルタイムに情報を回収し、活用することで生まれる新しい価値。製造の現場だけではなく、エンドユーザーとの付き合い方にも変化を及ぼす。 私たちの生活は、今後どのように変化していくのか。着実に進歩を遂げる暮らしの製品を、様々な角度から切り取る。

出展企業
  • ・株式会社AIoTクラウド
  • ・株式会社ノエックス
  • ・株式会社スマートドライブ

calendar このセッションをカレンダーに追加する

老舗企業のこれからのVision

発展著しい時代も、停滞の時代も生き抜いた老舗企業。続く企業にはそれだけの理由がある。老舗のこれまでと、これからの歩み方に触れる。

出展企業
  • ・株式会社IBUKI
  • ・東阪電子機器株式会社
  • ・菅澤製機株式会社

calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day1

12:00-12:30

世界的なDXにおける日本の勝ち筋

世界は今、データ・ドリブン・エコノミー。GAFA等がサイバー空間からリアルな世界へ攻勢をかける中、日本はどう対抗するのか。新時代の先頭に立つ平氏が日本の勝ち筋を語る。


taira

平 将明

Masaaki Taira

衆議院議員(6期、東京4区)/ 元内閣府副大臣(IT政策、科学技術イノベーション政策、国家戦略特区等担当)/ 元経済産業大臣政務官

早大法学部卒、大田市場青果仲卸三代目、東京青年会議所54代理事長。経済産業大臣政務官として、ミラサポ(未来の企業★応援サイト)の開設や、補助金の申請書類の簡素化など、政策のユーザー目線からの改革を推進した。内閣府副大臣の際には、近未来技術実証特区を設置して先端技術の社会実装に取り組んだほか、RESAS(地域経済分析システム)を導入、定量的に「地域未来牽引企業」を選び政策対象の焦点にするなどビッグデータ時代の政策の先鞭をつけた。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

AI戦略化とパーパス

新しい資本主義実現会議有識者構成人に就任され、注目を集めるAI開発スタートアップシナモンAI代表平野氏に、起業家マインドと最新テクノロジーがもたらす変革について語っていただく。


hirano

平野 未来

Miku Hirano

シナモンAI(Cinnamon AI)代表取締役社長CEO

シリアル・アントレプレナー。東京大学大学院修了。複雑ネットワーク、クラスタリング等の研究に従事。在学中にネイキッドテクノロジーを創業し、IOS/ANDROID/ガラケーでアプリ開発ができるミドルウェアを開発・運営。2011年に同社をミクシィに売却し、2016年にシナモンAIを設立。2020年より内閣官房IT戦略室本部員および内閣府税制調査会特別委員に就任。2021年より内閣府経済財政諮問会議専門委員、新しい資本主義会議有識者構成員に就任。二児の母。


calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day1

12:30-13:00

デジタル技術の現場活用Vision

3Dモデル、機械学習、XRなどの技術は決して扱いづらい技術ではない。生産現場での最先端技術活用を推進する各社に注目する。

出展企業
  • ・株式会社ATINDE
  • ・Scene株式会社
  • ・Idein株式会社
  • ・マークフォージドジャパン3Dプリンティング株式会社

calendar このセッションをカレンダーに追加する

ものづくりにおけるAI実装のVision

スマートフォンをはじめとし、徐々に身近なものになりつつある人工知能。では、製造業ではどうだろうか。現場での具体的なAIの活用方法と、それがもたらす変化について触れる。

出展企業
  • ・株式会社ALBERT
  • ・株式会社Lightblue Technology
  • ・株式会社ACES
  • ・FastLabel株式会社

calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day1

13:15-14:00

人類の調和という未来:2050年からのバックキャスティング

25歳の若さで大阪・関西万博のバーチャル大阪パビリオンを監修する佐久間氏。独自の視点で切り開く若者のビジョンを探る。


sakuma

佐久間 洋司

Horoshi Sakuma

大阪大学 グローバルイニシアティブ機構 招へい研究員/東京大学大学院総合文化研究科 修士課程

1996年東京都生まれ。大阪大学基礎工学部を卒業。Panasonic Silicon Valley Lab やトロント大学への留学を経て、世界経済フォーラム Global Shapers Community に選出される。2025年日本国際博覧会大阪パビリオン推進委員会 ディレクター(バーチャル・バーチャル大阪館)、ムーンショット型研究開発事業 ミレニア・プログラム 科学技術による「人類の調和」検討チーム チームリーダーなどを歴任。NewsPicks Magazine「未来をつくる7人のUNDER30」


calendar このセッションをカレンダーに追加する

元ヤンマーCIOが語る、経営・現場のDXのVision

DXの必要性が叫ばれて久しいが、実際の現場と経営には乖離があることも少なくない。ただのツール導入で終わることのない、真の意味でのDX推進について、多くの企業のデジタル化支援を行う矢島氏の目線から語る。


yajima

矢島 孝應

Takao Yajima

NPO法人CIO Lounge
理事長

1979年松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)入社。三洋電機株式会社を経て2013年1月にヤンマー株式会社に入社。その間、アメリカ松下電器5年、松下電器系合弁会社取締役3年、三洋電機株式会社執行役員、関係会社社長3年を経験。ヤンマー株式会社入社後、執行役員ビジネスシステム部長就任。2018年6月に取締役就任。2020年5月退任。現在NPO法人CIO Lounge理事長。


calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day1

14:00-14:30

高付加価値ものづくりのVision

お客様に寄り添い続ける姿勢は古くから日本の強みであった。確かな技術とユーザーニーズを元に、顧客志向ものづくりを強みとする各社の方針を取り上げる。

出展企業
  • ・株式会社東海モデル
  • ・株式会社クリエイティブライン
  • ・株式会社浜野製作所
  • ・株式会社関東製作所

calendar このセッションをカレンダーに追加する

クラウド技術の経営活用Vision

クラウド活用により「昔ながらのやり方」からの脱却を図るとき。情報が可視化され、データドリブン経営を実現するための道のりを深ぼる。

出展企業
  • ・エックスサーバー株式会社
  • ・IoTBASE株式会社
  • ・クリックテック・ジャパン株式会社
  • ・株式会社すみれ情報システム

calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day1

14:30-15:00

ニッチ・トップのVision

ニッチな領域でのトップを目指す企業は、どう未来を見据え、戦略を立てているのか。
確かな技術で市場シェアを取り続ける企業の実態に迫る。

出展企業
  • ・牧野フライス精機株式会社
  • ・碌々産業株式会社
  • ・株式会社ハムロン・テック

calendar このセッションをカレンダーに追加する

事業継承・人材育成のVision

高い品質・信頼性を追究してきた日本のものづくり精神は、付加価値の源泉。何を受け継ぎ、何を変化させるのか。事業及び技術の継承に必要なマインドセットとその手法を実際の取り組みから学ぶ。

出展企業
  • ・株式会社ロカリア
  • ・アダマンド並木精密宝石(株)
  • ・株式会社ローンディール
  • ・株式会社アイデミー

calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day1

15:00-16:00

高付加価値・高利益体質で戦うグローバルニッチトップ企業社長対談

経産省選定のグローバル・ニッチ・トップ企業。大企業とは違う戦い方をしているからこそ見える、これからの経営のあり方とその戦略に迫る。


kaito

海藤 満

Mitsuru Kaito

碌々産業株式会社
代表取締役社長

1954年生まれ。新潟県出身。1978年 青山学院大学 経済学部経済学科 卒業後、
超高精度高速微細加工機をはじめ、特殊加工機やプリント基板加工機といった工作機械の製造・開発・販売を行う碌々産業株式会社に入社。
2011年、代表取締役社長に就任。現在に至る。


shimizu

清水 大介

Daisuke Shimizu

牧野フライス精機株式会社
取締役社長

1977年生まれ。東京都出身。2000年 慶應義塾大学商学部 卒業、2002年 英国ノッティンガム大学大学院 修了(マーケティング)。
2003年 日本精工株式会社 入社後、2008年 牧野フライス精機株式会社 入社。取締役社長に就任し、現在に至る。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

経営のバトンを次世代に繋ぐ。女性社長が受け継ぐ伝統と新たな挑戦。

元プロスノーボーダーでありながら、家業である精密機器部品メーカーを継ぎ、次々と変革を生み出す女性経営者と、人材戦略のプロフェッショナル森本氏の対談。ファミリービジネスを継ぐための取り組みは経営者必見。


namiki

並木 里也子

Riyako Namiki

アダマンド並木精密宝石株式会社 代表取締役社長

1998年、スノーボード全日本選手権で優勝、1999~2003年は、ワールドカップに参戦し世界中を転戦したアスリート。大学では教育学を専攻、競技引退後はスポーツを通して成長した自らの体験に基づき、子どもへの教育やESG、SDGs推進活動などボランティア活動に携わる。2020年5月に家業であるアダマンド並木精密宝石株式会社に入社、2021年3月に同社代表取締役社長に就任。究極の半導体といわれるダイヤモンド半導体の研究で世界をリード、光通信、工業用宝石、精密機器、小型モーター、医療装置の分野でも他社の追随を許さない製品・部品群を持つアダマンド並木の連続的技術革新を、事業担当の和田統副社長と協力し、産官学共同の研究・開発へ積極的に参加して牽引する一方、従業員の幸せを最優先する経営を目指す。


morimoto

森本 千賀子

Chikako Morimoto

株式会社morich 代表取締役
All Rounder Agent

現リクルートにて、転職エージェントとして人材戦略コンサルティング、
幹部クラスの採用支援サポートを手がけ実績多数。リクルート在籍時に株式会社morich設立、複業を実践し2017年に独立。現在もNPO理事や社外取締役、顧問など10数枚の名刺を持ちながらパラレルキャリアを体現。2012年NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」出演。『成功する転職』など著書多数、日経電子版の連載など各種メディアにも執筆。2男の母の顔も持つ。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day1

10:00-11:00

仮想化実世界

マツコロイドなどのアンドロイド開発で知られる石黒教授。アカデミアに身を置きながらも会社設立など産業界との連携にも精力的に取り組む。その視線の先には一体どんな世界があり、どの実現に向けた歩みを進めているのかを探る。


ishiguro

石黒 浩

Hiroshi ishiguro

大阪大学基礎工学研究科教授(大阪大学栄誉教授)/ 株式会社AVITA 代表取締役CEO

ロボット学者/大阪大学教授。工学博士。京都大学情報学研究科助教授,大阪大学工学研究科教授を経て,2009年より大阪大学基礎工学研究科教授(大阪大学栄誉教授)。
ATR石黒浩特別研究所客員所長(ATRフェロー)。株式会社AVITA 代表取締役CEO。社会で活動するロボットの実現を目指し、知的システムの基礎研究と応用研究に取り組んできた。
これまでに人と関わるヒューマノイドやアンドロイド、自身のコピーロボットであるジェミノイドなど多数のロボットを開発してきた。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day1

10:00-11:00

「志」が未来をつくる。ものづくりの担い手と支える人のVision

「孤独の解消」を目指したロボット開発に勤しむ吉藤氏と、その会社黎明期を支えた浜野氏による対談。ものづくりの共創の場「Garage Sumida」に触れながら若者支援のあり方を探る。


ory

吉藤 オリィ

Ory Yoshifuji

株式会社オリィ研究所
代表取締役CEO

小学5年~中学3年まで不登校を経験。高校時代に電動車椅子の新機構の発明を行い、国内最大の科学コンテストJSECにて文部科学大臣賞、世界最大の科学コンテストIntel ISEFにてGrand Award 3rd を受賞、その際に寄せられた相談と自身の療養経験から「孤独の解消」を研究テーマとする。
早稲田大学にて2009年から孤独解消を目的とした分身ロボットの研究開発を独自のアプローチで取り組み、2012年株式会社オリィ研究所を設立。
分身ロボット「OriHime」、ALS等の患者さん向けの意思伝達装置「OriHime eye+ switch」、全国の車椅子ユーザに利用されている車椅子アプリ「WheeLog!」、寝たきりでも働けるカフェ「分身ロボットカフェ」等を開発。
AERA「日本を突破する100人」、フォーブス誌が選ぶアジアを代表する青年30人「30 Under 30 2016 ASIA」などに選ばれる。
2018年より、デジタルハリウッド大学大学院特任教授就任。


hamano

浜野 慶一

Keiichi Hamano

株式会社浜野製作所 代表取締役CEO

大学卒業後、精密板金加工メーカーに就職。1993年株式会社浜野製作所代表取締役に就任、現在に至る。ロボットや機械装置の設計開発と金属加工の技術を基盤に、スタートアップや大企業の新規事業部など「新しい価値の創造」をミッションとする人々と、ものづくりを軸に共創する場「Garage Sumida」を立ち上げた。その活動は「新たな先端都市型のものづくり」として評価され、第7回ものづくり日本大賞では経済産業大臣賞を受賞、2019年にニューヨークの国連本部で開催された「Micro-,Small and Medium-sized Enterprises Day」で発表する等、国内外から関心を集めている。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day1

11:00-11:30

アカデミア発の技術の事業化Vision

アカデミアから生み出された特許・技術は数多くあれど、社会実装を待ち望みつつ埋もれる技術があることもまた事実。どのように優れた技術を生み出し、市場に届けるのか。アカデミアと産業の架け橋となる各社の声を届ける。

出展企業
  • ・株式会社プラントライフシステムズ
  • ・エイターリンク株式会社
  • ・株式会社A-Co-Labo
  • ・株式会社セツロテック

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day1

11:00-11:30

ものづくりのブランディングVision

「ただ、いいモノを作って売る」。それで十分な時代は終わった。製品・会社の魅力をどう発信し、どう訴求していくのか。これからの魅せ方を追求する各社のビジョンを届ける。

出展企業
  • ・ツクリテラ合同会社
  • ・Knowhowsynch合同会社
  • ・プライム株式会社
  • ・株式会社POOL

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day1

11:30-12:00

IoTで広がる未来の暮らしのVision

リアルタイムに情報を回収し、活用することで生まれる新しい価値。製造の現場だけではなく、エンドユーザーとの付き合い方にも変化を及ぼす。 私たちの生活は、今後どのように変化していくのか。着実に進歩を遂げる暮らしの製品を、様々な角度から切り取る。

出展企業
  • ・株式会社AIoTクラウド
  • ・株式会社ノエックス
  • ・株式会社スマートドライブ

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day1

11:30-12:00

老舗企業のこれからのVision

発展著しい時代も、停滞の時代も生き抜いた老舗企業。続く企業にはそれだけの理由がある。老舗のこれまでと、これからの歩み方に触れる。

出展企業
  • ・株式会社IBUKI
  • ・東阪電子機器株式会社
  • ・菅澤製機株式会社

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day1

12:00-12:30

世界的なDXにおける日本の勝ち筋

世界は今、データ・ドリブン・エコノミー。GAFA等がサイバー空間からリアルな世界へ攻勢をかける中、日本はどう対抗するのか。新時代の先頭に立つ平氏が日本の勝ち筋を語る。


taira

平 将明

Masaaki Taira

衆議院議員(6期、東京4区)/ 元内閣府副大臣(IT政策、科学技術イノベーション政策、国家戦略特区等担当)/ 元経済産業大臣政務官

早大法学部卒、大田市場青果仲卸三代目、東京青年会議所54代理事長。経済産業大臣政務官として、ミラサポ(未来の企業★応援サイト)の開設や、補助金の申請書類の簡素化など、政策のユーザー目線からの改革を推進した。内閣府副大臣の際には、近未来技術実証特区を設置して先端技術の社会実装に取り組んだほか、RESAS(地域経済分析システム)を導入、定量的に「地域未来牽引企業」を選び政策対象の焦点にするなどビッグデータ時代の政策の先鞭をつけた。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day1

12:00-12:30

AI戦略化とパーパス

新しい資本主義実現会議有識者構成人に就任され、注目を集めるAI開発スタートアップシナモンAI代表平野氏に、起業家マインドと最新テクノロジーがもたらす変革について語っていただく。


hirano

平野 未来

Miku Hirano

シナモンAI(Cinnamon AI)代表取締役社長CEO

シリアル・アントレプレナー。東京大学大学院修了。複雑ネットワーク、クラスタリング等の研究に従事。在学中にネイキッドテクノロジーを創業し、IOS/ANDROID/ガラケーでアプリ開発ができるミドルウェアを開発・運営。2011年に同社をミクシィに売却し、2016年にシナモンAIを設立。2020年より内閣官房IT戦略室本部員および内閣府税制調査会特別委員に就任。2021年より内閣府経済財政諮問会議専門委員、新しい資本主義会議有識者構成員に就任。二児の母。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day1

12:30-13:00

デジタル技術の現場活用Vision

3Dモデル、機械学習、XRなどの技術は決して扱いづらい技術ではない。生産現場での最先端技術活用を推進する各社に注目する。

出展企業
  • ・株式会社ATINDE
  • ・Scene株式会社
  • ・Idein株式会社
  • ・マークフォージドジャパン3Dプリンティング株式会社

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day1

12:30-13:00

ものづくりにおけるAI実装のVision

スマートフォンをはじめとし、徐々に身近なものになりつつある人工知能。では、製造業ではどうだろうか。現場での具体的なAIの活用方法と、それがもたらす変化について触れる。

出展企業
  • ・株式会社ALBERT
  • ・株式会社Lightblue Technology
  • ・株式会社ACES
  • ・FastLabel株式会社

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day1

13:15-14:00

人類の調和という未来:2050年からのバックキャスティング

25歳の若さで大阪・関西万博のバーチャル大阪パビリオンを監修する佐久間氏。独自の視点で切り開く若者のビジョンを探る。


sakuma

佐久間 洋司

Horoshi Sakuma

大阪大学 グローバルイニシアティブ機構 招へい研究員/東京大学大学院総合文化研究科 修士課程

1996年東京都生まれ。大阪大学基礎工学部を卒業。Panasonic Silicon Valley Lab やトロント大学への留学を経て、世界経済フォーラム Global Shapers Community に選出される。2025年日本国際博覧会大阪パビリオン推進委員会 ディレクター(バーチャル・バーチャル大阪館)、ムーンショット型研究開発事業 ミレニア・プログラム 科学技術による「人類の調和」検討チーム チームリーダーなどを歴任。NewsPicks Magazine「未来をつくる7人のUNDER30」


calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day1

13:15-14:00

元ヤンマーCIOが語る、経営・現場のDXのVision

DXの必要性が叫ばれて久しいが、実際の現場と経営には乖離があることも少なくない。ただのツール導入で終わることのない、真の意味でのDX推進について、多くの企業のデジタル化支援を行う矢島氏の目線から語る。


yajima

矢島 孝應

Takao Yajima

NPO法人CIO Lounge
理事長

1979年松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)入社。三洋電機株式会社を経て2013年1月にヤンマー株式会社に入社。その間、アメリカ松下電器5年、松下電器系合弁会社取締役3年、三洋電機株式会社執行役員、関係会社社長3年を経験。ヤンマー株式会社入社後、執行役員ビジネスシステム部長就任。2018年6月に取締役就任。2020年5月退任。現在NPO法人CIO Lounge理事長。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day1

14:00-14:30

高付加価値ものづくりのVision

お客様に寄り添い続ける姿勢は古くから日本の強みであった。確かな技術とユーザーニーズを元に、顧客志向ものづくりを強みとする各社の方針を取り上げる。

出展企業
  • ・株式会社東海モデル
  • ・株式会社クリエイティブライン
  • ・株式会社浜野製作所
  • ・株式会社関東製作所

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day1

14:00-14:30

クラウド技術の経営活用Vision

クラウド活用により「昔ながらのやり方」からの脱却を図るとき。情報が可視化され、データドリブン経営を実現するための道のりを深ぼる。

出展企業
  • ・エックスサーバー株式会社
  • ・IoTBASE株式会社
  • ・クリックテック・ジャパン株式会社
  • ・株式会社すみれ情報システム

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day1

14:30-15:00

ニッチ・トップのVision

ニッチな領域でのトップを目指す企業は、どう未来を見据え、戦略を立てているのか。
確かな技術で市場シェアを取り続ける企業の実態に迫る。

出展企業
  • ・牧野フライス精機株式会社
  • ・碌々産業株式会社
  • ・株式会社ハムロン・テック

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day1

14:30-15:00

事業継承・人材育成のVision

高い品質・信頼性を追究してきた日本のものづくり精神は、付加価値の源泉。何を受け継ぎ、何を変化させるのか。事業及び技術の継承に必要なマインドセットとその手法を実際の取り組みから学ぶ。

出展企業
  • ・株式会社ロカリア
  • ・アダマンド並木精密宝石(株)
  • ・株式会社ローンディール
  • ・株式会社アイデミー

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day1

15:00-16:00

高付加価値・高利益体質で戦うグローバルニッチトップ企業社長対談

経産省選定のグローバル・ニッチ・トップ企業。大企業とは違う戦い方をしているからこそ見える、これからの経営のあり方とその戦略に迫る。


kaito

海藤 満

Mitsuru Kaito

碌々産業株式会社
代表取締役社長

1954年生まれ。新潟県出身。1978年 青山学院大学 経済学部経済学科 卒業後、
超高精度高速微細加工機をはじめ、特殊加工機やプリント基板加工機といった工作機械の製造・開発・販売を行う碌々産業株式会社に入社。
2011年、代表取締役社長に就任。現在に至る。


shimizu

清水 大介

Daisuke Shimizu

牧野フライス精機株式会社
取締役社長

1977年生まれ。東京都出身。2000年 慶應義塾大学商学部 卒業、2002年 英国ノッティンガム大学大学院 修了(マーケティング)。
2003年 日本精工株式会社 入社後、2008年 牧野フライス精機株式会社 入社。取締役社長に就任し、現在に至る。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day1

15:00-16:00

経営のバトンを次世代に繋ぐ。女性社長が受け継ぐ伝統と新たな挑戦。

元プロスノーボーダーでありながら、家業である精密機器部品メーカーを継ぎ、次々と変革を生み出す女性経営者と、人材戦略のプロフェッショナル森本氏の対談。ファミリービジネスを継ぐための取り組みは経営者必見。


namiki

並木 里也子

Riyako Namiki

アダマンド並木精密宝石株式会社 代表取締役社長

1998年、スノーボード全日本選手権で優勝、1999~2003年は、ワールドカップに参戦し世界中を転戦したアスリート。大学では教育学を専攻、競技引退後はスポーツを通して成長した自らの体験に基づき、子どもへの教育やESG、SDGs推進活動などボランティア活動に携わる。2020年5月に家業であるアダマンド並木精密宝石株式会社に入社、2021年3月に同社代表取締役社長に就任。究極の半導体といわれるダイヤモンド半導体の研究で世界をリード、光通信、工業用宝石、精密機器、小型モーター、医療装置の分野でも他社の追随を許さない製品・部品群を持つアダマンド並木の連続的技術革新を、事業担当の和田統副社長と協力し、産官学共同の研究・開発へ積極的に参加して牽引する一方、従業員の幸せを最優先する経営を目指す。


morimoto

森本 千賀子

Chikako Morimoto

株式会社morich 代表取締役
All Rounder Agent

現リクルートにて、転職エージェントとして人材戦略コンサルティング、
幹部クラスの採用支援サポートを手がけ実績多数。リクルート在籍時に株式会社morich設立、複業を実践し2017年に独立。現在もNPO理事や社外取締役、顧問など10数枚の名刺を持ちながらパラレルキャリアを体現。2012年NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」出演。『成功する転職』など著書多数、日経電子版の連載など各種メディアにも執筆。2男の母の顔も持つ。


calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day2

10:00-10:40

製造業系YouTubeが鳴らす、日本の製造業への警鐘

今や製造業に関わる人にとっては馴染み深いものづくり太郎氏。わかりやすいスライドと語り口が人気を博する製造業系YouTuberは日本のものづくりにどのような課題を感じ、今後どうあるべきだと感じているのか。その思いに迫る。


taro

ものづくり太郎

Taro Monozukuri

製造系Youtuber

唯一無二の製造系Youtuberとしてものづくり・製造業のトピックを誰でも分かりやすく解説し、企業のPR案件や記事の執筆など数多くを手掛ける。現在自身のYoutubeチャンネルは10.2万人のフォロワーが登録。日本には製造業に関わる人口が非常に多いが、youtubeの投稿に製造業関連の動画が少ないことに気がつき、「これでは日本が誇る製造業が浮かばれない」と自身でも製造業(ものづくり)に関わる色々な情報を提供しようと決心。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

学術研究のビジョンと事業

ワイヤレス給電技術の研究など、未来の生活を支える技術を研究し続けている川原教授。その取り組みはアカデミアにとどまらず、メルカリの研究開発組織と連携するなど多岐に渡る。アカデミアからの技術が社会実装されるために何が必要か、現場の取り組みをもとに語っていただく。


kawahara

川原 圭博

Yoshihiro Kawahara

東京大学大学院工学系研究科教授
JST ERATO 川原万有情報網プロジェクト研究総括 兼アプリケーションデザイングループリーダー

ユビキタスコンピューティングのコアとなる研究開発を通じて「未来の生活」をデザインすることをライフワークとする。当研究室の成果を活用したベンチャー企業として、2014年には印刷エレクトロニクスを手がけるElephantech株式会社、2015年には株式会社SenSproutが設立されている。


calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day2

10:40-11:00

日本のものづくりへの危機のVision

世界から取り残されないために意識を変え、衰退からの脱却を図らねばならない。業界へ熱い想いを持つ各スピーカーから、日本のものづくりへの警鐘を鳴らす。

出展企業
  • ・株式会社O2
  • ・株式会社クレマチス
  • ・株式会社STOVE
  • ・株式会社FRPカジ

calendar このセッションをカレンダーに追加する

現場環境を変革するテクノロジーのVision

生産現場の最前線で働く人々が抱える課題や悩みを、発想や技術で変革する各社の取り組みから未来を見通す。

出展企業
  • ・株式会社丸高工業
  • ・フリッカーヘルスマネジメント株式会社
  • ・パイフォトニクス株式会社
  • ・株式会社弘栄ドリームワークス

calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day2

11:00-11:05

ものづくりを繋ぐプラットフォーマーのVision

メルカリ、アマゾン、国内外では巨大なプラットフォーマーが牽引してきた、製造業ではどうだろうか?
人々の結びつき、物の結びつき、あらゆるものを結びつけるプラットフォーマーが製造業に与えるインパクトを見通す。

出展企業
  • ・工業目線
  • ・H.ims株式会社
  • ・エイクロス株式会社
  • ・株式会社アペルザ

calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day2

11:05-11:30

デジタル技術の現場活用Vision

3Dモデル、機械学習、XRなどの技術は決して扱いづらい技術ではない。生産現場での最先端技術活用を推進する各社に注目する。

出展企業
  • ・エヴィクサー株式会社
  • ・三谷商事株式会社
  • ・株式会社レクサー・リサーチ
  • ・株式会社誠勝

calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day2

11:30-12:00

「ドラえもんを本気でつくる。」20代教員の描くロボットとの共生未来

孫正義育英財団会員にも選ばれた才覚ある若者が、描く未来のビジョンとは。「ドラえもんをつくる」を本気で考えた大澤氏の選択の裏側に迫る。


osawa

大澤 正彦

Masahiko Osawa

日本大学文理学部 次世代社会研究センター長

1993年生まれ。日本大学文理学部 次世代社会研究センター長。博士(工学)。東京工業大学附属高校、慶應義塾大学理工学部をいずれも首席で卒業。学部時代に設立した「全脳アーキテクチャ若手の会」が2,500人規模に成長し、日本最大級の人工知能コミュニティに発展。IEEE Young Researcher Award (最年少記録)をはじめ受賞歴多数。新聞、webを中心にメディア掲載多数。孫正義氏により選ばれた異能をもつ若手として孫正義育英財団会員に選抜。認知科学会にて認知科学若手の会を設立・2020年3月まで代表。著書に『ドラえもんを本気でつくる(PHP新書』。夢はドラえもんをつくること。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

牧野フライスが考える、次世代のデジタル活用経営

工作機械業界大手として業界を牽引し続ける牧野フライス製作所。創業家から経営を引き継ぎ社長に就任した井上氏が、老舗企業の強みを生かしながら次の時代を創るための道筋を語る。


inoue

井上 真一

Shinichi Inoue

株式会社牧野フライス製作所
代表取締役社長

1966年10月18日生
1992年3月北海道大学大学院工学研究科卒業
1992年4月株式会社牧野フライス製作所入社
2011年4月当社厚木開発M開発部ゼネラルマネージャ就任
2013年2月当社開発本副本部長就任
2014年6月当社取締役開発本部副本部長就任
2015年6月当社取締役営業本部長就任
2016年6月当社代表取締役社長就任、現在に至る


calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day2

12:00-12:30

サステナブルVision

カーボンニュートラル、サーキュラーエコノミー、SDGs…。その取り組みにVisionはあるか。バズワードで終わらせることなく、持続可能な社会を実現するために必要な資源のあり方を再考する。

出展企業
  • ・株式会社TBM
  • ・株式会社ADSムラカミ
  • ・ケイ・エイチ工業株式会社
  • ・株式会社Nassun.E(森の音モダチ)

calendar このセッションをカレンダーに追加する

次世代設計・開発のVision

今まで閉ざされた空間で限られた人のみが扱えた設計や操作が、技術革新によって汎用化しつつある。新たな技術の発展によって構造を変えようと変革をもたらしている各社が登壇する。

出展企業
  • ・有限会社スワニー
  • ・株式会社ストラタシス・ジャパン
  • ・伊福精密株式会社
  • ・株式会社IDDK
  • ・株式会社構造計画研究所
  • ・Team Cross FA

calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day2

12:30-12:45

次世代エネルギーマネジメントVision

電気自動車などが普及しつつあり、今後多くの電力需要が見込まれている。
どのようにエネルギーを効率的に利用していくのか。未来に向けた取り組みに迫る。

出展企業
  • ・株式会社EVTD研究所
  • ・ゴイク電池株式会社

calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day2

12:45-13:00

デジタル技術の現場活用Vision

3Dモデル、機械学習、XRなどの技術は決して扱いづらい技術ではない。生産現場での最先端技術活用を推進する各社に注目する。

出展企業
  • ・ロボセンサー技研株式会社
  • ・iCOM技研株式会社

calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day2

13:30-14:00

製造業のリーディングカンパニー、ミスミが仕掛ける製造業の未来

労働生産性が著しく低い日本が、クリエイティブなものづくりに時間かけ、高付加価値な製品を生み出すにはどうすれば良いのか。ミスミ常務吉田氏から「時間」を作り出すミスミの生産性改革について語る。


yoshida

吉田 光伸

Mitsunobu Yoshida

株式会社ミスミグループ本社 常務執行役員 ID企業体社長

国内事業、海外事業、新規事業を経てオンライン機械部品調達サービス
「meviy」(メヴィー)を展開。権威ある10個の受賞に加え国内シェアNo.1を獲得、
製造業におけるデジタルトランスフォーメーションを牽引する。
ミスミ入社前は、国内大手通信会社、外資系大手ソフトウェアベンダに籍を置き、
インターネット黎明期からデジタルを活用した新規事業の立ち上げ・事業拡大に数多く携わる


calendar このセッションをカレンダーに追加する

AIエンジニアリング -ものづくりにおけるAIのつかいこなしと徹底活用

日本を代表する電機メーカーPanasonic。そのAI部門が取り組むものづくりへの活用について、デジタル・AI技術センター所長自らお話いただく。


kutsumi

九津見 洋

Hiroshi Kutsumi

パナソニック株式会社
コーポレート戦略・技術部門
テクノロジー本部 デジタル・AI技術センター 所長

1994 年、松下電器産業(現パナソニック)入社。TV、レコーダなどのAV機器の開発、大規模サーバシステム開発・運用、車載向けインフォテインメント機器開発を担当。その後、2017年より同社のAI 総本山であるAIソリューションセンターの所長を経て2020年より現職。AI開発の責任者として社内へのAI導入を推進。


calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day2

14:00-14:20

生産性向上のVision

今後の日本にとって大きなテーマである「労働生産性の向上」。最新ツールの活用によって生まれる「時間」が付加価値に変わる。日本古来のクラフトマンシップを最大限発揮するための環境・設備を提供する各社に迫る。

出展企業
  • ・FRAIM株式会社
  • ・タクトピクセル株式会社
  • ・株式会社かけはし
  • ・株式会社裕和

calendar このセッションをカレンダーに追加する

リーディングカンパニーのVision

その動向は、常に業界にインパクトを与えてきた。屋台骨として新たな挑戦をし続けるリーディングカンパニーの使命に迫る。

出展企業
  • ・ソリッドワークス・ジャパン株式会社
  • ・コニカミノルタ株式会社

calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day2

14:20-14:30

ものづくりにおけるAI実装のVision

スマートフォンをはじめとし、徐々に身近なものになりつつある人工知能。では、製造業ではどうだろうか。現場での具体的なAIの活用方法と、それがもたらす変化について触れる。

出展企業
  • ・株式会社アドダイス
  • ・株式会社エクサウィザーズ

calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day2

14:30-14:40

高付加価値ものづくりのVision

お客様に寄り添い続ける姿勢は古くから日本の強みであった。確かな技術とユーザーニーズを元に、顧客志向ものづくりを強みとする各社の方針を取り上げる。

出展企業
  • ・豊洋エンジニアリング株式会社
  • ・株式会社eP
  • ・株式会社宮田精機
  • ・マグペイントジャパン株式会社

calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day2

14:40-15:00

クラウド技術の経営活用Vision

クラウド活用により「昔ながらのやり方」からの脱却を図るとき。情報が可視化され、データドリブン経営を実現するための道のりを深ぼる。

出展企業
  • ・株式会社東京ファクトリー
  • ・patternstorage株式会社

calendar このセッションをカレンダーに追加する
Day2

15:00-15:30

令和モダニズムの幕開け -サーキュラーエコノミーの未来-

「自然との共存」を前提とした技術革新と企業者が求められる環境経営。人と自然とまちが調和する日本発の新たな生活様式「令和モダニズム」とは、江戸時代より日本人が潜在的に育んだ習慣や感性と科学技術立国として培った高度な技術力を融合した独自な生活様式であり、今後日本が環境先進国になるための日本のサーキュラーエコノミーの可能性について講演する。


kasuga

春日 秀之

Hideyuki Kasuga

株式会社 hide kasuga 1896 代表
hide kasuga & PARTNERS 代表(クリエイティブファーム)
早稲田大学 理工学術院総合研究所 客員講師・客員研究員

1973 年長野生まれ。工学博士。東京工業大学大学院修士課程修了。東京とパリでの研究
者時代を経て、2009 年、1896 年創業の麻問屋をルーツにもつ家業の代表に就任。2012
年に独立し素材をベースとしたマテリアルシンクタンク「株式会社 hide kasuga 1896」を
創業。2 つの循環型マテリアルブランド「 hide k 1896 」「 BLANC BIJOU PARIS 」を運営
。川上と川下、そして再生を融合させて、感性素材のプロデュースとリサイクルスキーム
構築の研究に従事している。サーキュラー・エコノミー・コンソーシアム「 Green
Composite Hills by hide k 1896 」主宰。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

製造業世界大戦最終章―10年後の未来に日本企業が勝利をつかむためにやるべきことー

3Dプリンターのトップメーカーとして知られるストラタシスの魚岸氏から、日本の製造業への忌憚なきアドバイスを届ける。


uogishi

魚岸 剛

Tsuyoshi Uogishi

株式会社ストラタシス・ジャパン
営業部サービスビューロアカウントマネージャー

大学卒業後、20年半導体商社に就職し、Texas Instrumentsなどの外資系半導体の営業に携わり、残りの営業人生を機構のものづくりに携わりたいという思いから、5年前に意を決して、3Dプリンタメーカーに転職。重工業からフィギュアまで、幅広い業界の皆様と携わる。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

10:00-10:40

製造業系YouTubeが鳴らす、日本の製造業への警鐘

今や製造業に関わる人にとっては馴染み深いものづくり太郎氏。わかりやすいスライドと語り口が人気を博する製造業系YouTuberは日本のものづくりにどのような課題を感じ、今後どうあるべきだと感じているのか。その思いに迫る。


taro

ものづくり太郎

Taro Monozukuri

製造系Youtuber

唯一無二の製造系Youtuberとしてものづくり・製造業のトピックを誰でも分かりやすく解説し、企業のPR案件や記事の執筆など数多くを手掛ける。現在自身のYoutubeチャンネルは10.2万人のフォロワーが登録。日本には製造業に関わる人口が非常に多いが、youtubeの投稿に製造業関連の動画が少ないことに気がつき、「これでは日本が誇る製造業が浮かばれない」と自身でも製造業(ものづくり)に関わる色々な情報を提供しようと決心。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

10:00-10:40

学術研究のビジョンと事業

ワイヤレス給電技術の研究など、未来の生活を支える技術を研究し続けている川原教授。その取り組みはアカデミアにとどまらず、メルカリの研究開発組織と連携するなど多岐に渡る。アカデミアからの技術が社会実装されるために何が必要か、現場の取り組みをもとに語っていただく。


kawahara

川原 圭博

Yoshihiro Kawahara

東京大学大学院工学系研究科教授
JST ERATO 川原万有情報網プロジェクト研究総括 兼アプリケーションデザイングループリーダー

ユビキタスコンピューティングのコアとなる研究開発を通じて「未来の生活」をデザインすることをライフワークとする。当研究室の成果を活用したベンチャー企業として、2014年には印刷エレクトロニクスを手がけるElephantech株式会社、2015年には株式会社SenSproutが設立されている。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

10:40-11:00

日本のものづくりへの危機のVision

世界から取り残されないために意識を変え、衰退からの脱却を図らねばならない。業界へ熱い想いを持つ各スピーカーから、日本のものづくりへの警鐘を鳴らす。

出展企業
  • ・株式会社O2
  • ・株式会社クレマチス
  • ・株式会社STOVE
  • ・株式会社FRPカジ

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

10:40-11:05

現場環境を変革するテクノロジーのVision

生産現場の最前線で働く人々が抱える課題や悩みを、発想や技術で変革する各社の取り組みから未来を見通す。

出展企業
  • ・株式会社丸高工業
  • ・フリッカーヘルスマネジメント株式会社
  • ・パイフォトニクス株式会社
  • ・株式会社弘栄ドリームワークス

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

11:00-11:30

ものづくりを繋ぐプラットフォーマーのVision

メルカリ、アマゾン、国内外では巨大なプラットフォーマーが牽引してきた、製造業ではどうだろうか?
人々の結びつき、物の結びつき、あらゆるものを結びつけるプラットフォーマーが製造業に与えるインパクトを見通す。

出展企業
  • ・工業目線
  • ・H.ims株式会社
  • ・エイクロス株式会社
  • ・株式会社アペルザ

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

11:05-11:30

デジタル技術の現場活用Vision

3Dモデル、機械学習、XRなどの技術は決して扱いづらい技術ではない。生産現場での最先端技術活用を推進する各社に注目する。

出展企業
  • ・エヴィクサー株式会社
  • ・三谷商事株式会社
  • ・株式会社レクサー・リサーチ
  • ・株式会社誠勝

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

11:30-12:00

「ドラえもんを本気でつくる。」20代教員の描くロボットとの共生未来

孫正義育英財団会員にも選ばれた才覚ある若者が、描く未来のビジョンとは。「ドラえもんをつくる」を本気で考えた大澤氏の選択の裏側に迫る。


osawa

大澤 正彦

Masahiko Osawa

日本大学文理学部 次世代社会研究センター長

1993年生まれ。日本大学文理学部 次世代社会研究センター長。博士(工学)。東京工業大学附属高校、慶應義塾大学理工学部をいずれも首席で卒業。学部時代に設立した「全脳アーキテクチャ若手の会」が2,500人規模に成長し、日本最大級の人工知能コミュニティに発展。IEEE Young Researcher Award (最年少記録)をはじめ受賞歴多数。新聞、webを中心にメディア掲載多数。孫正義氏により選ばれた異能をもつ若手として孫正義育英財団会員に選抜。認知科学会にて認知科学若手の会を設立・2020年3月まで代表。著書に『ドラえもんを本気でつくる(PHP新書』。夢はドラえもんをつくること。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

11:30-12:00

牧野フライスが考える、次世代のデジタル活用経営

工作機械業界大手として業界を牽引し続ける牧野フライス製作所。創業家から経営を引き継ぎ社長に就任した井上氏が、老舗企業の強みを生かしながら次の時代を創るための道筋を語る。


inoue

井上 真一

Shinichi Inoue

株式会社牧野フライス製作所
代表取締役社長

1966年10月18日生
1992年3月北海道大学大学院工学研究科卒業
1992年4月株式会社牧野フライス製作所入社
2011年4月当社厚木開発M開発部ゼネラルマネージャ就任
2013年2月当社開発本副本部長就任
2014年6月当社取締役開発本部副本部長就任
2015年6月当社取締役営業本部長就任
2016年6月当社代表取締役社長就任、現在に至る


calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

12:00-12:30

サステナブルVision

カーボンニュートラル、サーキュラーエコノミー、SDGs…。その取り組みにVisionはあるか。バズワードで終わらせることなく、持続可能な社会を実現するために必要な資源のあり方を再考する。

出展企業
  • ・株式会社TBM
  • ・株式会社ADSムラカミ
  • ・ケイ・エイチ工業株式会社
  • ・株式会社Nassun.E(森の音モダチ)

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

12:30-12:45

次世代エネルギーマネジメントVision

電気自動車などが普及しつつあり、今後多くの電力需要が見込まれている。
どのようにエネルギーを効率的に利用していくのか。未来に向けた取り組みに迫る。

出展企業
  • ・株式会社EVTD研究所
  • ・ゴイク電池株式会社

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

12:45-13:00

デジタル技術の現場活用Vision

3Dモデル、機械学習、XRなどの技術は決して扱いづらい技術ではない。生産現場での最先端技術活用を推進する各社に注目する。

出展企業
  • ・ロボセンサー技研株式会社
  • ・iCOM技研株式会社

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

12:00-13:00

次世代設計・開発のVision

今まで閉ざされた空間で限られた人のみが扱えた設計や操作が、技術革新によって汎用化しつつある。新たな技術の発展によって構造を変えようと変革をもたらしている各社が登壇する。

出展企業
  • ・有限会社スワニー
  • ・株式会社ストラタシス・ジャパン
  • ・伊福精密株式会社
  • ・株式会社IDDK
  • ・株式会社構造計画研究所
  • ・Team Cross FA

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

13:30-14:00

製造業のリーディングカンパニー、ミスミが仕掛ける製造業の未来

労働生産性が著しく低い日本が、クリエイティブなものづくりに時間かけ、高付加価値な製品を生み出すにはどうすれば良いのか。ミスミ常務吉田氏から「時間」を作り出すミスミの生産性改革について語る。


yoshida

吉田 光伸

Mitsunobu Yoshida

株式会社ミスミグループ本社 常務執行役員 ID企業体社長

国内事業、海外事業、新規事業を経てオンライン機械部品調達サービス
「meviy」(メヴィー)を展開。権威ある10個の受賞に加え国内シェアNo.1を獲得、
製造業におけるデジタルトランスフォーメーションを牽引する。
ミスミ入社前は、国内大手通信会社、外資系大手ソフトウェアベンダに籍を置き、
インターネット黎明期からデジタルを活用した新規事業の立ち上げ・事業拡大に数多く携わる


calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

13:30-14:00

AIエンジニアリング -ものづくりにおけるAIのつかいこなしと徹底活用

日本を代表する電機メーカーPanasonic。そのAI部門が取り組むものづくりへの活用について、デジタル・AI技術センター所長自らお話いただく。


kutsumi

九津見 洋

Hiroshi Kutsumi

パナソニック株式会社
コーポレート戦略・技術部門
テクノロジー本部 デジタル・AI技術センター 所長

1994 年、松下電器産業(現パナソニック)入社。TV、レコーダなどのAV機器の開発、大規模サーバシステム開発・運用、車載向けインフォテインメント機器開発を担当。その後、2017年より同社のAI 総本山であるAIソリューションセンターの所長を経て2020年より現職。AI開発の責任者として社内へのAI導入を推進。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

14:00-14:30

生産性向上のVision

今後の日本にとって大きなテーマである「労働生産性の向上」。最新ツールの活用によって生まれる「時間」が付加価値に変わる。日本古来のクラフトマンシップを最大限発揮するための環境・設備を提供する各社に迫る。

出展企業
  • ・FRAIM株式会社
  • ・タクトピクセル株式会社
  • ・株式会社かけはし
  • ・株式会社裕和

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

14:00-14:20

リーディングカンパニーのVision

その動向は、常に業界にインパクトを与えてきた。屋台骨として新たな挑戦をし続けるリーディングカンパニーの使命に迫る。

出展企業
  • ・ソリッドワークス・ジャパン株式会社
  • ・コニカミノルタ株式会社

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

14:30-15:00

高付加価値ものづくりのVision

お客様に寄り添い続ける姿勢は古くから日本の強みであった。確かな技術とユーザーニーズを元に、顧客志向ものづくりを強みとする各社の方針を取り上げる。

出展企業
  • ・豊洋エンジニアリング株式会社
  • ・株式会社eP
  • ・株式会社宮田精機
  • ・マグペイントジャパン株式会社

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

14:20-14:40

ものづくりにおけるAI実装のVision

スマートフォンをはじめとし、徐々に身近なものになりつつある人工知能。では、製造業ではどうだろうか。現場での具体的なAIの活用方法と、それがもたらす変化について触れる。

出展企業
  • ・株式会社アドダイス
  • ・株式会社エクサウィザーズ

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

14:40-15:00

クラウド技術の経営活用Vision

クラウド活用により「昔ながらのやり方」からの脱却を図るとき。情報が可視化され、データドリブン経営を実現するための道のりを深ぼる。

出展企業
  • ・株式会社東京ファクトリー
  • ・patternstorage株式会社

calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

15:00-15:30

令和モダニズムの幕開け -サーキュラーエコノミーの未来-

「自然との共存」を前提とした技術革新と企業者が求められる環境経営。人と自然とまちが調和する日本発の新たな生活様式「令和モダニズム」とは、江戸時代より日本人が潜在的に育んだ習慣や感性と科学技術立国として培った高度な技術力を融合した独自な生活様式であり、今後日本が環境先進国になるための日本のサーキュラーエコノミーの可能性について講演する。


kasuga

春日 秀之

Hideyuki Kasuga

株式会社 hide kasuga 1896 代表
hide kasuga & PARTNERS 代表(クリエイティブファーム)
早稲田大学 理工学術院総合研究所 客員講師・客員研究員

1973 年長野生まれ。工学博士。東京工業大学大学院修士課程修了。東京とパリでの研究
者時代を経て、2009 年、1896 年創業の麻問屋をルーツにもつ家業の代表に就任。2012
年に独立し素材をベースとしたマテリアルシンクタンク「株式会社 hide kasuga 1896」を
創業。2 つの循環型マテリアルブランド「 hide k 1896 」「 BLANC BIJOU PARIS 」を運営
。川上と川下、そして再生を融合させて、感性素材のプロデュースとリサイクルスキーム
構築の研究に従事している。サーキュラー・エコノミー・コンソーシアム「 Green
Composite Hills by hide k 1896 」主宰。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

Day2

15:00-15:30

製造業世界大戦最終章―10年後の未来に日本企業が勝利をつかむためにやるべきことー

3Dプリンターのトップメーカーとして知られるストラタシスの魚岸氏から、日本の製造業への忌憚なきアドバイスを届ける。


uogishi

魚岸 剛

Tsuyoshi Uogishi

株式会社ストラタシス・ジャパン
営業部サービスビューロアカウントマネージャー

大学卒業後、20年半導体商社に就職し、Texas Instrumentsなどの外資系半導体の営業に携わり、残りの営業人生を機構のものづくりに携わりたいという思いから、5年前に意を決して、3Dプリンタメーカーに転職。重工業からフィギュアまで、幅広い業界の皆様と携わる。


calendar このセッションをカレンダーに追加する

ENTRY

参加お申し込み

イベントは終了いたしました。
たくさんのご参加ありがとうございました。
期間限定で見逃し配信を実施中です。

見逃し配信はこちら期間期限:12月4日(土)〜12月12日(日)